復帰または不登校を脱す

 ガラス溶解炉が完成いたしました。
燃焼試験、調整、グレイジング、本溶解も無事通り過ぎました。
一度夜中の2時にガス欠で炉が停止してガス屋をたたき起こしたことを除けばですが。
5日ほど前から仕事を始めることができました。あーよかった。温度管理のプログラムコンピュータの操作も、炉が非常停止した場合の対応もガス屋のおかげで実地で訓練できたしこれで落ち着きました。
これでブログ更新に専念できるはずです。
 自分のHPを開いてみる見ることもなかったような状態なのでコメントを投稿していただいたのはわかっていたのですが返事を書かずにいてす、すみませんでした。これから書きますです。
 しかし、しばらく(2ヶ月近くですが)更新してないとだんだん再開するのが敷居が高くなっていっくように感じますね。不登校から脱するはこのようなものであろうな、と、考えたりしました。もちろんそれと比べたらブログ再開なんて屁みたいなもんだろうけど。
 リハビリを兼ねてMy ガラス窯の写真をUPします。まだ名前は付けてません。

york1これはグローリーホールのヨーク。こんなことやってたら仕事進まんはずだなと、今改めて思うカキザキです。それに秘密のオーブン(なんと本格石釜!)、ピザも焼けるガラス工房なのである。


Previous postこれはスウェーデン流なのだろうか? Next postMany thanks

10 thoughts on “復帰または不登校を脱す

  1. 完成おめでとうございます!
    本当に良かったですね。
    写真もばっちりきれいに並んでいますね。
    詳細はメールの通りでございます。

  2. 炉の完成おめでとうございます。これでいよいよ本格的に活動開始ですな。
    FGHの板も本日ようやく自分の考えどおりに設置できました。一段落したら覗いてやってください。

  3. 祝!ガラス溶解炉完成
    おめでとうございます。みごとな窯ですね。
    これからのご活躍、またblogも楽しみにしています。

  4. yumicocoさん:
    ありがとうございます。毎度お世話かけてまっす。ちゃんと更新するようにしまっす。

  5. 男組さん:
    ありがとさんです。
    FGHの板、しばらく見に行ってないけど行ってみます。ところで@帯広の件、メールしまっす。

  6. はなともさん:
    ありがとさん。
    ちゃんと更新するからよろしくお願いします。
    もうちょい下ネタ系を書きたいけど・・・嗚呼・・やっぱりだめなの・・で悩んでます。
    う~む。

  7. おつかれさま。
    気力が萎える前に完成して、ホント良かったね。
    関係ないけど、昨夜、ベネツィア映画祭の授賞式を見ていたら、金獅子の像以外に、ガラスの造形の楯やモニュメントがいろいろ登場していました。それもツルンとまるまるガラスの固まり、1つ1つまるで違っていて重そうでした。
    見ながら、そういやカキはどうしているかな〜って、ふと思ったしだいです。
    気負わず、「今日は一日働いてビールが旨い!」とか・・・楽しく登校しましょうね。
    くっくっく。では、また。

  8. みほさん:
    ガラス吹くのはたのしいっす。でも、でも請求書がいっぱい来ます。封を切るのが怖いっす。
    アメリカのギャラリーから里帰りした作品18体の通関しなくちゃならんし、急にスウェーデン出張がはいったりして・・ああああ。
     29日か帰ってきた後10月18日ぐらいに東京で一杯やりたいっす。

  9.  FGH掲示板にうつつを抜かしていたら、こんなに、いろいろ進んでいたのねー!ごめんね!ピッツァも焼ける釜(?)の完成おめでとう!コングラッツィラツィオーネ!10月上京するって?みほさんは、昨年夏、電話で話したみほさんかな?何年も会ってなくて、私も是非混ぜて欲しいです。ボン ヴィアッジョ!

  10. こまこまねえさん:
    どもども、でんわもどもども。
    ピッツア石釜、温度測ってみたら設計ミスでなんと450度もあったのよ。ピッツアだけなら良いかもしれんが、やっぱりほかのものも料理したいので暇を見て200度ぐらいに調整できるように改造するつもり。
     ”みほさん”は我々の同級生の”みほさん”とは別人である、残念。
     Ci vediamo subito a Tokyo. Ti amo. Ciao ciao.
    と、こんな感じだったか。

コメントは受け付けていません。